Just Another Summer Day in バンコク、翡翠おたくのタイ放浪記


いつの間にかタイに居ついてしまった人間のバンコク放浪記
by ポヨさん
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
ライフログ
検索
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2012年 05月 27日 ( 1 )


珍平レストラン

このところ、会社と自宅の往復ばかりでブログネタが無いので
日本に帰る前日に行った珍平レストランを紹介します。
このレストランはラマ4世通りとサトーン通りの交差点近くに
あります。
自宅から行きは30分、帰りは5分という距離にあります。
行きは渋滞がある時間帯であるという事と
Uターンしなければならない事情があり、とても時間がかかります。
帰りは交差点をひとつ曲がるだけでほとんどノンストップで
帰ってこれます。

エントランスはこんな感じ。
a0238635_22271922.jpg

ここは中華料理レストランです。
バンコクで中華レストランというと中国人がオーナーという店が
ほとんどですがこのレストランは中国系タイ人が創始者です。
そのため、ここの中国料理はいくぶんかタイ料理のテイストも
感じます。
もともと屋台でガイヤーング(鶏肉バーベキュー)を売り歩いていた
オーナーが小さい店を始め、そのガイヤーングが人気を呼んで
行列のできる店になり、拡張に拡張を重ねこのような
店になりました。
ガイヤーングの屋台が発祥だけあっていまだにガイヤーングが
看板料理です。

ここのウエイターさんたちは若い人は白いスラックスに白いYシャツに
ネクタイという格好をしていますが
シニアのウエイターさんたちは白いシャツとスラックスに
空色のブレザーを着ています。
以前、日本からのお客さんをお連れした時お客さんは
「オリンピック委員会みたいだね、」
と言っていました。
そのあと同じお客さんといった時、お客さんは
「日本体育協会みたいだね」と言いました。
確かにそういう感じです。
昔のタイのレストランはこんな感じのところが多かった。
このレストランももう老舗の部類に入ったということでしょうか。


ここには日曜日の昼過ぎ、飲茶に時々来るのですが
1セイロがどれも100円くらいで安くてとても美味しい。
ここのディムサムはパクチーが載っていたりとタイ風にアレンジ
してあるのですが、それもまた他店とちょっと違っていて
美味しいのです。

会社が終わってから行ったのですが人気店で満席状態。
一階が満席だと2階の大部屋に案内されることも
あります。

まずはつる草のにんにく炒め。
a0238635_222878.jpg

名前は忘れたけど春雨料理。
a0238635_22283529.jpg

蟹サラダ。
a0238635_22285929.jpg

蟹肉となまこのスープ。
a0238635_22293080.jpg

おすすめ、珍平八珍。これで500円くらい。
安くて本当に美味しい。
a0238635_22295599.jpg

ビヤシンを3本オーダーしました。
これだけ食べて飲んで1600バーツちょっと。
日本円で4000円ぽっきりくらいです。

バンコクで値段がリーズナブルで美味しい店は日本人率が高いのですが
この店は日本人はあまり見かけない。
日本人の居住地区から微妙にはずれているからか、それとも
一見高そうに見えるからか、それとも中華といってもタイ風に
アレンジされているからか???
a0238635_22302834.jpg

[PR]

by sheenatsilom | 2012-05-27 11:03