Just Another Summer Day in バンコク、翡翠おたくのタイ放浪記


いつの間にかタイに居ついてしまった人間のバンコク放浪記
by ポヨさん
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
ライフログ
検索
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

パリだらだら日記 最終編。

とうとうパリを離れる日になってしまった。
飛行機は4時過ぎの便だが余裕をみて
1時頃アパートを出ようと思う。
しかしアパートを返す手続きもあるし
その前に掃除もしなければならないので
結構タイトな日になりそうだ。

朝、通りひとつ隔てたブローニュの森を
散策した。

パリの中心街のこんな近くにこんな自然が
残っている森があるのには本当に驚きだ。
a0238635_1451835.jpg


歩けども歩けども森は続く。
ジョギングシューズを持って来なかったので
ジョギングは出来なかったが
こんなところでジョギングできたら
楽しいだろうな、と思う。
バンコクでは走るところがないので
もっぱらトレッドミルの上を走っているが
退屈で苦痛な事この上ない。
森や山のコースのビデオを見ることはできるが
所詮ビデオなので退屈なのはおなじだ。
a0238635_14523169.jpg


パリは歴史のある街だが適当に近代的だし
こんなに自然が残っている所もあるし
住むことができたらどんなに楽しいことだろうか。
こんなことを考えながら歩いていると
パリを離れるのが寂しくてたまらない。

今はのんびり森をあるいているがあと何時間か
後には長くてつらい帰国の旅になるのだ。
a0238635_14562080.jpg


アパートの掃除も終わり、とうとう
アパートを離れるときが来た。

ドアを閉める時フラッシュバックのように
10何年か前、4年以上住んだ
サンタモニカのアパートを
離れる時のことを思い出した。
その時は振り向くと涙が出そうな気がして
後ろを見ずにドアを閉めたがその時の
気持ちを思い出した。
a0238635_14573551.jpg

大荷物を持って通りに出るとその瞬間、
運がいいことに大きなワンボックスワゴンの
タクシーが来た。
パリに来た時はスーツケースの中に
スーツケースを入れて荷物を極力減らして来たのだが
それでもシャルルドゴール空港で拾ったタクシーが
プリウスだったため荷物を入れるのに苦労した。
帰りは荷物が倍になっているのでワンボックスワゴンみたいな
タクシーが来るといいなあと思っていたのだが
絶妙のタイミングで思っていたとおりのタクシーが
来たのだ。
今回のパリ滞在は最初から最後までついていた。

思ったより早く空港に着いた。
配偶者が消費税の返還の手続きを
しているあいだ寒いところで待っていたのだが
体がぞくぞくしてきた。
熱が出て来たようだ。朝ブローニュの森を散歩したときは
元気だったのに。
パリを離れたくない気持ちが病気にさせるのだろうか。
子供のときにもそんなことがあった。

ルフトハンザのラウンジでは食欲がないので何も食べず
体が暖まりそうなカルーアをちょっとだけ飲んだ。
a0238635_2144863.jpg

ミュンヘン行きの便。
a0238635_2152555.jpg

一応ビジネスクラスだがカーテンで仕切られているだけで
席はエコノミーと同じ。
損な感じなのでエコノミーは満席なのに
ビジネスは自分たち以外は1人だけ。
a0238635_21124450.jpg


離陸し、パリの街を眼下に見る。
a0238635_2162032.jpg


夕陽を見ながらパリの街に別れを告げる。
a0238635_2172294.jpg

配偶者と別々に座る。いつも一緒だったのでたまには
別々もいい。
a0238635_2154217.jpg

軽食。少ししか食べられず。
a0238635_2182059.jpg

ミュンヘンのラウンジ。
a0238635_2185810.jpg


ミュンヘンだけあってビールの種類が豊富。
本来なら嬉々として全種類制覇するところだが
体調が悪いため無理そうだ。
a0238635_2194136.jpg

やはりミュンヘンといえばドイツビールに
プレッツェル。
でも小瓶の半分も飲めなかった。
カバンの中に体温計が入っている事を思い出し
体温を計ってみると38度ある。
帰りのロングフライト、つらそうだ。
a0238635_21101399.jpg


ミュンヘンからバンコクへ向かう便は
最近では珍しい747。
昔よく乗った2階席だ。静かでくつろげる。
a0238635_21105180.jpg

熱があり体がだるかったのでずっと寝ていた。
途中トイレに一回起きただけでバンコク到着の30分前に
配偶者に叩き起こされるまでぐっすり寝ていた。

夢うつつで随分揺れている気がしていたのだが
配偶者に聞くと静かなフライトで全然揺れなかった
そうだ。
熱にうなされた夢だったのだろうか。。。


バンコクに着いたらギラギラした熱帯の太陽が
迎えてくれた。久しぶりの灼熱の陽だ。
街や車が金属反射で鋭く光っている。
この太陽を見て救われたような気がした。

明日からまた熱砂の日々が始まる。

体はバンコクに帰って来たが
魂はパリに置いて来てしまったので
抜け殻みたいな状態で普通の生活に
戻れるのであろうか。。。
[PR]

by sheenatsilom | 2014-03-06 21:35
<< ミーはおフランス帰りでザンス。 パリ滞在最後の日。 >>