Just Another Summer Day in バンコク、翡翠おたくのタイ放浪記


いつの間にかタイに居ついてしまった人間のバンコク放浪記
by ポヨさん
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
ライフログ
検索
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

スクールに通い始めた。

最近、やっと体調が上向いてきました。
1ヶ月ほど続いている咳と熱もずいぶんと治まってきた。
近所の薬屋で抗生物質を買ってきて規定の倍量を規定の4倍の
期間飲んだら良くなってきました。
もちろん抗生物質はウィルスには効かないがあまりに
喉と鼻(副鼻腔)の炎症がひどかったので。。。
結局、医者に行かないですみそうな予感。。。

そんなある日スクールに行き始めました。
他の人達は毎日通っていますが自分は仕事があり
1週間に一日しか行けないのでいつになったら終了することやら。。。

現在こいつと格闘中。
a0238635_2122526.jpg

これはキャノピーをつけて水の上を滑りバクテンしたりするやつ。
面白そう。。。これもやってみたい。
a0238635_21222815.jpg

練習はキャノピーをつけてグラウンドを走り回るだけ。
キャノピーについている数あるラインの操作の仕方を学ぶためです。
インストラクターはrun!run!の一言。
風を受けたキャノピーはとても重くつらい。
体も風により左右に持って行かれてまっすぐに進めない。
一回走り終わるともうゼイゼイ。

LA近郊のシミバレーという所にあるハンググライダーのスクールに
通っていたこともあるのですがその時もこんなにきつくなかった。
なんでもゆるいタイでこのスパルタ教育はなんだろ。
もっとあまく考えていた自分に反省。

練習しているすぐわきで飛行機がテークオフ。
a0238635_2132333.png



15分ほどすると人々が滑空しながら降りてきます。
a0238635_2133994.jpg

滑るようにソフトにランディングするのが特徴。
落ちるというよりグライダーのイメージ。
a0238635_21334776.jpg


スパルタインストラクター。
a0238635_21343570.jpg


しばらくすると飛行機がランディング。
上空で待機していたのでしょう。
a0238635_21311451.png

夕方になるとひとりがパラグライダーの上から飛び降りるというのです。
先輩のジャンパーは馬鹿なことは止めろというのですが
本人はやるといってききません。

パラグライダーを使ってタンデムで上空に行き
そこからベースジャンプをするのです。

ぶっつけ本番で地上でパラグライダーのハーネスのはずしかた
を習っていたのですが、間違って命綱のキャノピーのハーネスを
はずしてしまいました。
パラグライダーとキャノピーのハーネスが同じところにあるので
これは間違えそうだ。

たった一回ハーネスのはずしかたを習っただけでさあ上空へ。

写真はインストラクターのフェースブックのビデオを
カメラでとったもの。アナログっぽくてすみません。

矢印の先が彼。高度の半分近く落下しても
まだキャノピーが開きません。ヒエーだいじょうぶだろうか???
a0238635_21351285.jpg

地上80mくらいのところで白煙とパンという大音響とともに
キャノピーが開いた。
地上にいる人々は大喝采。

地上187mからのジャンプでした。
命知らずの彼は「今度は170mに挑戦するぜ!」と息巻いていました。

以前スキーをやっていたときも見かけたけど
どの世界にも命が惜しくない人っているのだなあ。。。
a0238635_21361478.jpg

[PR]

by sheenatsilom | 2013-01-29 11:31
<< レイジーバイク バンコク とほほ日記。 >>