Just Another Summer Day in バンコク、翡翠おたくのタイ放浪記


いつの間にかタイに居ついてしまった人間のバンコク放浪記
by ポヨさん
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
ライフログ
検索
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ビルマから帰る。

ビルマでの買い付けの旅から帰ってきました。
行きのドライブの途中いつも通り小さなコーヒーショップで
コーヒーを買って車の中で飲みました。

a0238635_1533029.jpg

ビルマ国境はこの時期気候はとても乾燥していて
朝晩は涼しくとても過ごしやすい。
でも陽射しはとても強く日中の陽光の下ではとても
暑くなります。
この時期だけアリゾナのツーソンのような砂漠気候みたいに
なります。
a0238635_1535212.jpg

正月が終わってしまったので観光客は帰り日中のプールは
いつも静まり返っていました。正月ももう終わりだ。。。
なにか寂しい。。。
a0238635_1541184.jpg

国境のイミグレでリエントリーを済ませます。
ビルマ人はたくさん居ますが外国人は自分達だけだったので
手続きはあっという間に終わりました。
a0238635_1543565.jpg

国境の橋。最近ビルマが民主化に向っているためか
車の往来が多い。つい1~2年前まで国境が閉まっていたことを
考えると昔日の感があります。
a0238635_155272.jpg

今回の収穫は新しくオープンしたフードトラック。
なんと居酒屋という提灯がかかっています。
のぞいてみるとビルマ人(カレン族?)が寿司を握っています。
最果てのこの地にまで日本食が浸透しているのには
びっくりしました。
メニューを見るとトラックですが寿司を初めとして
とんかつ、てんぷら、うどん、ラーメンまでなんでも
揃っています。大人気なようで後ろのテントの下では
10何人かの人々がビールを飲みながら
日本食に舌鼓を打っています。

なにか郷愁をさそう三丁目の夕日の雰囲気。
a0238635_1552372.jpg



何かを頼もうと思い聞いてみたらご飯ものはソールドアウト。

今回日本から家族が同行していたので夕食は一緒にどこかの
レストランで食べる予定です。そこで夜中に一人で
こっそり食べる夜食が欲しかったのですが
好物のラーメンでは伸びてしまいます。
刺身ではちょっと抵抗があるし、無難な所で餃子にしました。
夜中、一人でビールを飲みながらこっそりと
食べました。

次回はテントの下でビールを飲みながらとんかつ、てんぷら
ラーメン、うどん、おにぎりなどを完食するつもりです。


ある日は家族(母、妹)とビルマレストランで
夕食。ここのレストランのピザは美味しい。
ピザを食べながら最果ての地で家族談義に花が咲く。
a0238635_1563868.jpg

この時期日本人は他にも何人か居たようです。
じつは前回のブログはこの街のネットカフェで書いたのですが
書いていると後ろから「日本人ですか?」の声が。。。
話をしてみるとバンコクから自転車で来たそう。
峠越えはとても大変だったそうです。
それにしてもあの坂をよく自転車で越えてきたなあ。。。

ゲストハウスにも日本人がいたそうで「こんな最果ての街に
日本人が居るんでびっくりしました。」と言っていました。

話しているうちに自分と同じ県出身ということがわかり
聞いてみると祖母の実家の近所
に住んでいるそうです。
外国のこんな田舎で日本のスポット的な話をしているなんて
可笑しいですね、と二人で大笑い。

ある日はお気に入りのレストランが突然閉店してしまったため、
前回初めて行ったタイ料理のレストランで夕食。
a0238635_157356.jpg

それなりに美味しかった。
a0238635_1572089.jpg

ビルマで強力な風邪をひいてしまい状態は最悪。
これ以上悪くなるようだったら病院に行こう!!!
[PR]

by sheenatsilom | 2013-01-12 16:11
<< バンコク とほほ日記。 作詞家への道? >>