Just Another Summer Day in バンコク、翡翠おたくのタイ放浪記


いつの間にかタイに居ついてしまった人間のバンコク放浪記
by ポヨさん
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
ライフログ
検索
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ナウな新スポット、アジアティックに居たハイカラな人々。

前回、チャロンクルンのタイヤ屋さんに行った時偶然見つけた
新観光スポット、アジアティック。
会社の帰りにちょっと遠回りして見てきました。

前回来たときには工事中のところが多かったのですが
今回は完成している建物も多くテナントも随分と入居していました。
4月27日にオープン予定で王族の方もいらっしゃって
オープニングセレモニーを行うそうです。

前回来たときには2日後オープンということだったのですが
あれは何だったのだろう。ソフトオープンというやつか。。。

チャロンクルン通りに面した正面入り口。
a0238635_17213987.jpg

チャロンクルンに面したもうひとつの入り口。
a0238635_1722199.jpg

給水塔。後ろの建物にはタイ語でコーダンと書いてあります。
コーダンとは倉庫のことです。

このあたりは昔、倉庫街でタイに初めて外国から文明を
もたらした玄関口であったようです。
先日ブログに書いた、中国から移民や文化をもたらしたジャンク船を
記念したワットヤナワーもこの近くにあり、このあたりが
タイにとっての近代文明の玄関口だったのでしょう。

そういえば、このモールのあるチャロンクルン通りとうちのオフィスのある
シーロム通りの交差点の辺りがタイ国初の舗装道路となった所でもあり
タイ国で初めてガス灯が灯った所でもあるのです。

文明開化のころの横浜みたいなものでしょうか。

タイにとっての文明開化のころの倉庫街というイメージで
このショッピングモールは造られたようです。
a0238635_17222065.jpg

コーダン1.1号倉庫。
a0238635_17224251.jpg

コーダンの中はこのようなこじんまりした店舗がたくさんあります。
一見屋台みたいな感じですが面積あたりの賃貸料はとても高いのです。
sheenにも入居の話があったのですが、簡単には返事できないような
金額なので現在様子見ということになっています。
出店するにしても回りの雰囲気がウィークエンドマーケットという
感じなのでシルバーで新しいラインを作ってからになるでしょう。

知り合いのテキスタイルの会社も既に出店していました。
一見屋台みたいにこじんまりやっていますが意外と大きい会社が
母体だったりします。
a0238635_17231343.jpg

一代でタイ有数の富豪に登りつめたビアチャーングのオーナーが
力こぶを入れているこのモール。
集客に船をも使うということなので船着場に向かいました。

するとハイカラな人々が目につきます。
a0238635_17234919.jpg

バンコクの日常では見かけないようなハイカラな人々が
あちこちで楽しそうに談笑しています。
a0238635_17242067.jpg

なんだろ???波止場には異人さんがたくさんいます。
異人さんのだれかこの波止場から自分をさらってアメリカに
連れて行ってくれないかな。。。
a0238635_17244567.jpg

集客に使うアジアティックと書いてある船も既に波止場に停泊していました。
a0238635_17252924.jpg

こんなハイカラなタイ人も居ました。
なにか文明開化のころにタイムスリップした感じ。
a0238635_17262247.jpg

コマーシャルかなんかの撮影があるのかもしれません。

日本では一目置かれる異人さんもタイでは普通のタイ人と同階級らしく、
スタッフのタイ人の若いアルバイト君に
「ファラン!!!マーニー!!!」
「外人!!!こっちへ来い!!!」
と呼ばれて、はいはいという感じで皆そちらの方に歩いていきました。
a0238635_17284985.jpg

撮影が始まるようでしたが夜も遅くなったので仕方なく帰りました。
[PR]

by sheenatsilom | 2012-04-13 19:50
<< 水かけ祭りを逃れてカンチャナブ... ある日曜日のカロリー収支  摂取編 >>