Just Another Summer Day in バンコク、翡翠おたくのタイ放浪記


いつの間にかタイに居ついてしまった人間のバンコク放浪記
by ポヨさん
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
ライフログ
検索
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ジョンさんの奥さんのお店、カウマンカイ ハイラム

アートラインの社員のジョンさんの奥さんがカウマンカイの食堂をやっていて
とても美味しいというので行ってきました。
カウマンカイというのは蒸し鶏ご飯とでもいうのでしょうか、
チキンスープで炊いたご飯の上にハイナンチキンがのっている料理です。

ジョンさんはもう7年ほどうちに勤めていますが、ずっと昔、
「ジョンさんはタイ人なのになぜ英語の名前がついているの?」と聞いたことが
あります。本人は「知らない。親がつけた名前だから。」と言っていました。
ジョンさんの実家はピーチットというタイ中部の町にあり、農業をやっていて
外国との関連はないようです。
名付け親の父上は亡くなっているのでなぜ英語の名前をつけたのかは
永遠の謎です。

さて、ジョンさんと一緒にタクシーに乗って行きました。
場所はウォンウェンヤイの近く、ISARAPHAP通り(イサラパープ通り)
ソイ20の入り口です。近くにビッグCがあります。 
看板にはタイ語ですが赤い字でカウマンカイ ハイラムと書いてあります。
a0238635_19564846.jpg



今日は学校が休みなのでジョンさんの一人っ子のポンちゃんがパジャマを着て
お手伝いをしていました。
ポンちゃんという名前はジョンさんが考えたそうですが
奥さんの名前がPooさん(蟹さん)で、それとJhonさんの名前を足して2で割って
付けた名前だそうです。
ジョンさんの買ってあげたパジャマが大のお気に入りで学校の休みの日は
ずっと着ているそうです。
a0238635_19574579.jpg



いよいよカウマンカイが出てきました。
食べてみると本当に美味しい。
チキンがふわっとしていて長い間タイに住んでいるけど1,2を争うカウマンカイ
の美味しさです。
回し者でもなんでもなく、本当に美味しい。
これでピセート40バーツ。日本円で100円ちょっとです。
タマダー(普通)だと30バーツ。
a0238635_19582471.jpg

あまりにも美味しいので特別に100バーツ分作ってもらい
夜、家でビールを飲みながら食べました。

夕方下ごしらえをして、さらに朝5時から仕込みをするそうです。
大変に手をかけて料理しているようです。
自分が行ったのは翌日の仕込みの始まる前の3時頃だったので
チキンがまるごと沢山運び込まれていました。
お店は黄色いプレースマークのところです。
ディープトンブリーサイドです。
a0238635_194602.jpg

自分は超方向音痴でウォウェンヤイとかロータリーが大の苦手で
この辺はいまいち地理が良くわかりません。
ロータリーは回っているうちに方向感覚が失われ必ず間違った方向に
出てしまうのです。
タクシーなら間違わずにいけるでしょうから近い将来再訪してみたいと
思っています。
[PR]

by sheenatsilom | 2012-01-07 14:17
<< 酷暑の地 バンコクにて納豆作り... お金持ちのお宅拝見-サハファー... >>