Just Another Summer Day in バンコク、翡翠おたくのタイ放浪記


いつの間にかタイに居ついてしまった人間のバンコク放浪記
by ポヨさん
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
ライフログ
検索
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


ビルマから帰ってきた。そして最果ての国境で目撃したものは。。。

ビルマから帰ってきました。
今回仕事が忙しくてバンコクを出発したのが夜の7時15分。
途中の町ナコンサワンに着いたころには夜更けの10時すぎ、
時間切れでナコンサワンの旅社に泊まることにしました。

旅社というのはタイの地方都市によくある中国系の人々が経営する
ゲストハウスとホテルのちょうど中間のリーズナブルな
アコモデーションです。
行商人や運送人など仕事で地方を回る人が泊まること多いのです。

以前は旅社というとしっくいの壁にタイル張りの柱というような素っ気無いロビーが
典型だったのですが、最近は外国教育を受けたような新しい世代が受け継いで
新感覚の旅社に生まれ変わっています。

今回泊まったのもそんな旅社。
入り口。モダンシノワズリーの影響が感じ取れる。
a0238635_20154759.jpg


ロビー。
a0238635_20161061.jpg


朝食をとるところも椅子がシノワっぽい。
a0238635_20164461.jpg

朝、ナコンサワンを出発、午後の早い時間に国境についた。
今回のビルマはホットアンドドライ。
a0238635_2017990.jpg

プールサイドは静寂そのもの。
乾燥した空気のなかで物音ひとつしない時間が
ゆっくり流れていきます。
a0238635_20174132.jpg

今回、この最果ての地で思いがけないものを発見、
それは屋根の上に360゜カメラを乗せたグーグルアースの
ストリートビューカーでした。
ホテルのパーキングに2台駐車してありました。
a0238635_2018191.jpg

自分のなかでは最果ての地だと思っていたこの街にストリートビューカーが
来るとは。。。
a0238635_20185123.jpg

IT産業の発達は本当に凄い。
自分は10年、20年前と同じことをしているのに。。。
頭も20年前でフリーズしたままです。
一応スマートフォンは持ってはいるのだが
外出する時は忘れることが多いし、持って出たとしてもスイッチを入れ忘れたり、
バッテリーが切れたりして全然使いこなしていない。
単機能のポケベル、ワープロくらいが自分にはちょうど合っているようです。
ITストーンエージ人間というところでしょうか。。。
ポケベル売っていたら欲しい。。。でもテレホンカードは買えるのだろうか。。。
[PR]

by sheenatsilom | 2013-03-25 20:23

日本より日本らしいシラチャの街角。それと崖から飛んだ。

次の写真を見てどこだかわかる人がいるだろうか。
ひなびた感じの居酒屋、それに路地のなかには何か懐かしい赤ちょうちんの屋台。
a0238635_1861052.jpg

ここはタイのシーサイドの小さな街シラチャです。
最近この町の近郊に多数の日本の会社が移って来てそのため
この町のホテルやアパートは日本人率が非常に高く
いつも満室状態になっています。

最近この町に泊まることが多い。
楽しみは海辺の居酒屋でのんびりと
ビールを飲みながら食事をすること。
今回は海に面した居酒屋あさみに行ってみました。
上の写真の店です。
路地の中に見えるのは日本人がやっている赤提灯の屋台。
夜の海風に吹かれながら日本酒をちびちびやってみたいといつも思うのだが
この屋台、なかなかの人気でいつも日本人で満席状態なのです。

あさみの中はこんな感じ。静かに流れるバックグラウンドミュージックはもちろん演歌。
a0238635_1864960.jpg

イメージは青森あたりの海辺の町にある居酒屋という感じかなあ。
行ったことはないけれど。
津軽海峡の海鳴りがきこえてきそうなんて言うとちょっと演歌っぽすぎか。。。


まずビールで乾杯。もちろんアサヒスーパードライ。
a0238635_1874176.jpg

おつまみの牛筋の煮込みが思いのほか絶品。柔らかく煮込んであって
文字通り口の中でとろける。
これで120バーツ(だったと思う。)


次に焼き鳥。凄いボリューム。うまい!!!これも120バーツ(だったと思う)。
a0238635_1882159.jpg

次はコロッケ。クリームコロッケみたいな感じでおいしかった。
懐かしい味。
a0238635_18203268.jpg

次は刺身盛り合わせ。近海のアジやイカやはまちみたいな魚が美味しかった。
a0238635_188505.jpg

シラチャは漁港なので近海ものは意外と美味しいのです。


翌朝、ホテルの朝食はバフェスタイル。
普通はシューマイなどが入っているセイロも日本人が多い町らしくなんとどらやき。
a0238635_18181676.jpg

あつあつの御飯にふりかけは最高のごちそう。
a0238635_18184953.jpg

ふりかけの種類もこんなに豊富。こんなにふりかけを用意しているところは
日本にもそうそうないのではないか。
小さい頃大好きだったのりたまも大人気。やっぱりみんな
好きなのだなあ。

午後、裏山に飛びに行くことになった。
ドイツ人2人、アメリカ人、スペイン人そして日本人の自分と
総勢5人の国際ジャンプ隊です。
自分以外はスカイダイビング、パラグライダー、パワードパラグライダーなどの
スカイスポーツを複数こなすベテラン達。

途中まで車で行き最後は歩いて登ったところは崖みたいなところ。
せまいフラットになっているところの下は急斜面になっていて低潅木の間から
岩が顔を出しています。
落ちたらかなりやばい感じ。
正面にはアンテナのついた鉄塔が立っていて電線も走っています。

自分は昔、タオスやテルライドなどの山岳スキーエリアで無鉄砲にも
ヘルメットも被らずに崖から飛び降りて転倒して
岩場の斜面をふもとまで転がりながら落ちるということを
しょっちゅうやっていたので崖から飛ぶのは抵抗はないけど
この分野では新人なので折からの強風でキャノピーのコントロールを失い
アンテナに激突、そして感電死という最悪のシナリオが頭をよぎる。。。

皆、飛び出してうまくターンしてアンテナ塔をかわし、何回かターンした後、
無事タッチダウンした。

トリは自分。
ここは日本人の代表としてかっこよく決めなくては。
せまいところなので3メートルくらいの助走をして崖から飛び降りる。
うまくキャノピーが開いた。第一難関突破。
まっすぐ降りて体勢を整えた後、右のブレーキラインを引いて右ターン。
右のブレーキラインを引くと右のウィングの抵抗が増すので右に曲がって
いくのです。

これでアンテナに激突という最悪のシナリオを避けられた。ホッとする暇もなく
隣の山が近づいてくる。そこであわてて左ターン。
何回かターンした後、工場となりの空き地にタッチダウンした。

一番のベテランのドイツ人も強風とアンテナ塔がプレッシャーだったらしく
ビッグナーバスだったよ、と言っていた。
そうか、自分だけではないのか。。。
矢印の先が自分。
a0238635_22585059.jpg
これからパワードパラグライディング、橋からのベースジャンプなど学ぶことがたくさんある。
うかうかしている暇はないのだ。。。
[PR]

by sheenatsilom | 2013-03-14 18:27

近況報告

自宅のPCがおかしくなってからずっとブログをさぼっています。
オフィスでは貧乏暇なしでバタバタ忙しくのんびりとブログを書いている暇など無し。


今まで2回こちらから要望を出してPCをアッセンブルしていただいている
サクタマンさんに相談したところ、買い換えた方が安くつくとのことで
今回もお願いすることになり、希望のスペックをお知らせすることに
なっているのだが、忙しさにかまけてそのままになっている。
サクタマンさんもどうしたのだろう?といぶかしく思っていることだろう。
そんなわけで自宅のPCを買い換えるまではしばらくブログは
さぼりがちになりそうです。

ずっと続いていた風邪もなんとか治ったのですが、その時痛くなった歯茎の痛みが
まだ治らない。歯医者に行こうか行くまいか。。。
歯医者は怖い、痛い、お金がかかる、の三重苦で
できることなら行きたくない所です。
思うに何事も多面性があって いいことも一つくらいあるものだけど
歯医者に行って何かいいことはあるのだろうか。

病気になって病院に行くのも あまりいいことなどないが、治療が功を奏したり
医者のアドバイスで生活習慣を改善したりして、病気になる前より健康になる
ということもありうるが歯科にはそういう可能性もなさそうだ。

治療した歯は人工物に置き換わるだけで歯自体が回復することはありえないし。。。

そんなわけでこの痛みがいつの間にか治るといいなあ、と
はかない望みを抱いている今日このごろです。
a0238635_21251917.jpg

あ、これジュエリー制作に使う工具です。

そんな中、コマーシャルジェットのパイロットになった気分にちょっとなれるので
最近お気に入りのフライトシュミレーター。
今回は懐かしのサンディエゴを飛んで来ました。

ランディングする飛行機があるのでタクシーウェイで待機。
最近のシュミレーターは芸が細かい。。。
a0238635_21331265.jpg

さあいよいよスロットルを思い切り押してテークオフ。
a0238635_21333113.jpg

上空に上がります。サンディエゴのブルースカイ。
懐かしい。。。
a0238635_21334993.jpg

だいぶ慣れてきたのだが一人で操縦しているとアラームサウンドが
鳴りっぱなし。
インストラクターがロールが大きすぎ、機首上げすぎ、機首下げすぎと
ひっきりなしに言ってくる。アクロバットじゃないんだから。

乗客が乗っていたらさぞかし怖いことだろう。
自分はひとつのことに気をとられると他のことがおろそかに
なってしまうことがあらためてわかった。

コマーシャルジェットのパイロットは本当に忙しくて
大変だ。普通の人間には勤まりそうにもない。
自分はパイロットになろうと思ったことはないが
ならなくてよかったーーー。
a0238635_21341632.jpg


無事ランディング。シュミレーションだけど結構リアルで面白い。
a0238635_225851.jpg



インストラクターと。キャプテン候補生でした。
a0238635_2135033.jpg

[PR]

by sheenatsilom | 2013-03-05 21:01