Just Another Summer Day in バンコク、翡翠おたくのタイ放浪記


いつの間にかタイに居ついてしまった人間のバンコク放浪記
by ポヨさん
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
以前の記事
ライフログ
検索
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧


薬を買いにシリラートホスピタルに行く

今日はシリラートホスピタルに薬を買いに行って来ました。
シリラートホスピタルの周りには薬局がたくさんあって
日本では処方箋が必要な薬でもここでは処方箋無しで安く買えます。

網膜中心動脈閉塞の治療のため病院から処方された薬をたくさん飲んでいますが
ネットで調べていたら気になるマイナーな薬をみつけたのでその薬を探しに
でかけたのです。

オリエンタルピアからオレンジ色の旗が目印の乗り合い船に乗ります。
a0238635_10495655.jpg



年末も押し詰まっていますが天気のいいバンコクの午後、船内はのんびりムードです。
a0238635_10501520.jpg



川面には爽やかな風が吹き渡っています。
a0238635_1050345.jpg



いつもとは違った角度で見るバンコク。
a0238635_10505726.jpg



シリラートホスピタルが見えてきました。
この病院はタイ最大の公立病院で国内最高の医療水準を誇っています。
東南アジアでも最大の病院です。
タイ国の王様も現在入院しておられます。
a0238635_10515391.jpg



ちょうど王室関係者が出入りされるところで道路が閉鎖されていました。
a0238635_10522446.jpg





構造がよくわからないくらい大きい病院です。
ここは中庭。
a0238635_10525571.jpg



ピアノの演奏をやっていました。
a0238635_10532588.jpg



シリラートホスピタルのまわりには薬屋がたくさんあります。
シリラートホスピタルは年間100万人以上の患者さんがいるそうですが
患者さんの多くは、薬屋のほうが安く買えるため、病院で処方された薬を
持ってきて薬屋で同じ薬を買うそうです。
店員もお客さんもすごい数。
a0238635_10535776.jpg



結構マイナーな薬も見つかりました。日本では処方箋が必要な薬ですが
ここでは問題なく買えました。しかも安い!
a0238635_1054224.jpg



帰りの船は通勤客と外国人で大混雑。喫水がぎりぎりまで来ていたので
沈没しないか心配でした。
a0238635_10544361.jpg



運賃は片道15バーツ。50円くらい。タイの公共交通は本当に安い!!!
a0238635_1158218.jpg

[PR]

by sheenatsilom | 2011-12-31 10:54 |

師走の風に吹かれてセンセープ運河一人旅

網脈中心動脈閉塞になってからはあまり外に出ることが無くなってしまいました。
片目でものを見ているので立体感がつかめず段差の多いバンコクの道は
歩きにくいからです。

でも、今日はあまりにも天気がいいので昔の放浪精神がよみがえり、
久しぶりに外に出てみようという気分になりました。

エアポートリンクの各駅停車の旅の時見かけたセンセープ運河を
疾走する乗り合いスピードボート(9月15日のブログ)
が気になっていたので思い切って乗ってみることにしました。

午後、仕事の途中で会社を抜け出して外に出るとぎらぎらの太陽に
乾燥した涼しいそよかぜが吹き本当にさわやかです。
日なたは暑いけど、日陰では涼しい、まるでロスアンジェルスの
7月の気候みたいです。

さあ、いよいよ伊勢丹近くのプラトゥーナムの船着場を出発です。
a0238635_14244442.jpg



切符切りの人は船の中に入って来ないで船のへりを動き回りながら
切符を切ってお金を受け取っていきます。船が揺れるので見ている
こっちがひやひやです。しかもサンダル履き!
長い間この仕事をしていると転落することもあるのではないか???

噂ではセンセープ運河には人の脳みそを食べるアメーバ
(ネグレリア フォーレリと言う名前らしい)が住んでいて
鼻とか耳から脳に入り、脳みそをパクパク食べてしまい、
頭が空っぽになってしまうらしい。
自分はもともと頭が空っぽだからこれ以上空っぽになったら大変です。
落ちたらアウトだから注意しないと。。。
(水がかかった位では感染しないそうなので念のため。)
a0238635_14254962.jpg



パワフルな走り。すごい水しぶきです。
やはりオレンジバス(昔の緑バス)が陸の王者なら
ルアドイサーン(乗り合いスピードボート)は水の王者でしょう。
a0238635_1432243.jpg



約40分で終点スリブンルアン寺に着きました。
ここはミンブリー。バスで来ると2時間かかるそうなので
ルアドイサンがいかに速いかわかるでしょう。
a0238635_14335053.jpg



スリブンルアン寺は普通のお寺でした。子供が遊んでいるのも、
何匹も犬が寝ているのも普通でした。
ただ大音量でルクトゥン(タイの演歌)が流れていました。
お坊さんの趣味なのか船頭さん達の趣味なのか。。。
a0238635_1437780.jpg



終点のひとつ手前にはザ、モール専用のピア(船着場)があります。
こんなところに巨大なモールがあるのにびっくりしました。
a0238635_143818100.jpg


中はこんな感じ。
a0238635_14394832.jpg



よく見ると生きている鳥がいます。
a0238635_1440135.jpg


帰りもガンガンとばします。青いビニールシートは水しぶきよけ。
一番外側の人が乗客を代表して紐を引っ張って上げるようになっています。
a0238635_14403936.jpg



ラムカムヘンを過ぎるあたりから遠くにバンコクのビル群が見え始めます。
夕焼けを背景にしてバイヨークビルが見えます。
a0238635_1441528.jpg



暗くなる頃プラトーナムの船着場に着きました。この先、カオサン近くまで
行くようですがほとんどのひとはここで降りました。
a0238635_14413684.jpg



プラトゥーナムの船着場を出るとそこはもう屋台街。
クリスマスのイルミネーションを売っていrる屋台がきれいです。
a0238635_14423080.jpg



船着場近くにあるセントラルワールドの自称東南アジアで一番高いクリスマスツリー。
先ほどまで茜色だった空もすっかり闇になりイルミネーションが綺麗です。
a0238635_1443014.jpg



ペニンシュラプラザ。
a0238635_14432772.jpg


あれだけ遠くまで行って片道19バーツ、往復で38バーツ。往復で
100円くらいです。
タイの庶民物価は本当に安い。
a0238635_1443478.jpg

[PR]

by sheenatsilom | 2011-12-29 10:33

リハビリと炎天下の寿司屋台

左目の網膜中心動脈閉塞の治療のためのステロイドホルモン投与により
副作用で筋肉量が少なくなってきたのでリハビリを兼ねて
エクササイズをしようと思いジムに行きました。

ジムの入り口にあるクリスマスツリーが綺麗です。
a0238635_1414695.jpg



いつもはトレッドミルの坂道を最大にしてサイバーマウンテンを駆け上がる
のですが今日はリハビリなので自転車にしました。
自転車だと手がフリーなので運動しながら目のマッサージができるからです。

22分で頂上まで2000ft、(609メートル)を登りました。
そのあと1時間くらいいろいろなマシンで弱くなった筋肉を動かしました。
a0238635_14356.jpg



ジムの上はスポーツクラブ付属の地中海料理のレストランになっています。
シェフオリビエが腕を振るって作ってくれる料理は
美味しくて、ヘルシーでしかも、とてもリーズナブルなんです。

タイ王室のプリンセスとスウェーデン国王夫妻がお忍びで来ていたところに
遭遇したこともありました。
a0238635_1432718.jpg



運動したあと、日曜だけに開かれる近所のファーマーズマーケットに行って
来ました。
サトーンやシーロムの辺りはローカルな市場が無いので生鮮品はスーパーで
買うしかないのですが日曜だけはサトーンからすぐの所にマーケットが
開かれるので野菜を仕入れに毎週のように行きます。
場所はナラティワ通りのソイ17を入ってすぐのあたりから始まります。
スーパーに比べると野菜が驚くほど安いのです。
a0238635_1434724.jpg



午前10時くらいから午後6時くらいまでやっていますが午前中は
来ていないお店も多いです。
a0238635_144189.jpg



オーマイゴッド!!!
熱帯の地バンコクで屋台の寿司バー発見!!!
水のない屋台で握った寿司!
冷蔵庫の無い所で半日以上陳列してある寿司!
食べたい!と思いましたがこれからお客さんと
食事する予定になっているので後ろ髪をひかれる思いで
泣く泣く帰りました。
I like it!!!
a0238635_1445713.jpg

[PR]

by sheenatsilom | 2011-12-26 14:16 | I like it !

メリークリスマス!& うちのクリスマスツリー

夏に始めたこのブログもあっという間にもうクリスマスです。
でもこの短い間に左目が病気になって闘病ブログになったり
いろいろありました。

もともと自分の記憶のためというか想い出のために始めたブログで
しかも左目が悪くなってからは時々しか更新できないので
訪問者は一日数人程度です。でも時々、地球の裏側からも訪問してくれる
人も居るので楽しくなります。

見知らぬ訪問者の方々、ありがとう。そしてメリークリスマス!!!
もちろん、知っている方々もありがとう。そしてメリークリスマス!!!!!

現在、病み上がりであまり外食もしないし、外出をすることもないので
ネタがありません。
そこでうちのクリスマスツリーの写真を貼り付けました。

a0238635_10502633.jpg

オフィスのツリー。タイに住み着いた年、会社を設立して初めての
クリスマスに買いました。光ファイバーで色が変わります。
すぐ壊れると思っていたのですが長い間使っていてもまだ壊れません。



a0238635_10513956.jpg

ショールームのSHEENのツリー。机の上に置いてある小さなツリーです。
店長さんが買ってきたかわいいツリーです。
床に置く大きなツリーが欲しかったのですが場所がないのであきらめました。
店長さんの連れてきた妖精たちが昼寝をしたり遊んだりしています。


a0238635_10522011.jpg

店長さんの選んだスノーマン三兄弟。


a0238635_10524953.jpg

大きなクリスマスツリーが置けない代わりにガラスにリースが掛けてあります。


a0238635_10532367.jpg

住まいのツリー。タイに住み着いた年のクリスマスに買いました。
電球は随分切れてしまいました。そろそろ買い替えなければ。。。



バンコクのあちこちで聞こえてくる定番のクリスマスソング。
まずはMariah CareyのAll I want for christmas is you.
日本公演のひとこまです。



次に George MichaelのLast Christmas.
WHAMのころのGeorge Michael。若い!



クリスマスっぽくて大好きな曲、
Boney M のMarys’ boy chaild。
メンバーの一部がカリブ出身だからかレゲエっぽい響きを
感じるのは私だけでしょうか。


Merry Christmas and A happy new year!!!
[PR]

by sheenatsilom | 2011-12-24 17:52 | informative

心に残る防水壁。バンコク大洪水騒ぎの跡。

バンコク大洪水の大騒ぎというか馬鹿騒ぎが収束してしばらく経ちました。
左目が見えなくなって入院する前は騒ぎの真っ最中だったのですが退院するころは
何も無かったように街は平静に戻っていました。

今考えると大洪水の騒ぎの頃はあまり根拠の無い情報が錯綜していて
ほとんどの人々はデマみたいな情報に踊らされていたように思います。

うちのショールームのSHEENがあるシーロムビレッジも
ここから数キロ離れたところにあるヤワラー通りが浸水すると1時間後に水が
津波のようにおしよせて1,5メートルの高さまで浸水するとまことしやかに
言われていましたが実際にはそんなことはありませんでした。

報道のあり方も問題があったように思います。実際にはバンコクの
ごく一部地域しか浸水していないのに大げさに報道して
危機感を煽っていた感があります。
a0238635_22365237.jpg

(土嚢のほんのちょっとのずれを大写しにしているニュースカメラマン。
オリエンタルピアにて。)



自分の直接の知り合いで洪水の被害にあったのはオフィスのあるビルの
お掃除のおばさんのアユタヤの実家とSHEENの隣のお店の店員さんの
ラートプラーオの家だけです。

自分の住まいとオフィスはビルの上のほうにあるので心配はなかったのですが
SHEENは一階にあるので集団心理で不安になり、
土嚢を買って並べたりしたのですが入院中に何もなくて本当に
ラッキーでした。

ところで、いつのまにか土嚢が無くなっているのでどうしたの?
とエムさんに聞いたらシーロムビレッジの人が片付けてくれたようです。
捨てに行くのは面倒くさいなーと思っていたので助かりました。

タイの政府も洪水対策に本気で取り組むといっているのでもうこんなことは
ないでしょう。
そこで記念というわけではないですが記憶に残しておくために
個人的に気に入っている防水壁というか防水対策を記録しておきたいと思います。
a0238635_2391924.jpg

ヤワラーにある金行。わきに はしごが置いてあったのでお客さんが来ると
はしごをかけて店に入るようです。ただ、相当運動神経のいいお客さんじゃないと
店に入れない。。。


a0238635_23214778.jpg

シーロムの観光土産店。どうやって入るんだろう?????


a0238635_12503783.jpg

あまりの高さに立ちすくむ人。一段目の高さに注目。


a0238635_12514974.jpg

このオフィスビルは開いている時ははしごで出入りしていました。


a0238635_12521745.jpg

土のうの新しい使い方。車にげたを履かしています。
ほんとうに洪水が来たら意味が無いような気がしますが、大切な車なのでしょう、
気持ちはわかります。
マフラーにもふたをしています。周到なオーナーです。




a0238635_12524889.jpg

粗大ゴミ置き場にうち捨てられた手製いかだ。
洪水が来たらこれに乗って脱出するつもりだったのでしょう。


a0238635_12531621.jpg

洪水対策は普通ですが家の大きさで心に残る邸宅です。

ビアチャーングの創業社長の邸宅でシーロムビレッジに隣接しています。
この社長さんは屋台での飲み物の販売から身を起こし
一代でビール会社のオーナーになった立志伝中の人物です。
これは正面玄関。

a0238635_12534176.jpg

ずうっと邸宅の塀が続きます。100メートル以上はあるでしょうか。


a0238635_1254844.jpg

裏口と言ってもこんなに立派。シーロムビレッジ内のジムジューレストランでご飯を
食べていると裏口の様子がよくわかるのですが、働いている人のタイムカードだけでも
20何枚かはあります。
勝手に想像してみるとメイドさん10人、警備員8人、シェフ4人、庭師4人、大工1人、
電気工1人、というところでしょうか。
自分なんかは働けども働けどもわが暮らしらくにならざる、じっと手を見る、という
感じなんですが、どうやったら一代でこんなにお金持ちになれるんだろう?????
[PR]

by sheenatsilom | 2011-12-18 16:34 | こんなもの見た!

ジュピターショップチャンネル検品と老舗の汁麺屋

今日は朝10時にジュピターショップチャンネルの検品部の方が5人
いらっしゃいまして本日納品分の検品が始まりました。

退院後、ヨーロッパとマレーシア向けのちいさな納品はありましたが
日本向けのまとまった納品は初めてなので気持ちが引き締まります。

5人の検品員の方々がひとつひとつスペックを計りながら丁寧に
検品をしていきます。

検品室の中は熱気で溢れかえっています。
というのは、仕事に対する熱気もさることながら、今日のバンコクは
とても涼しく検品員の方々はマフラーとセーター持参でいらっしゃっていて
部屋のエアコンも切っているからということもあります。

午後になり、検品員の方がお昼を食べている間、自分は
汁麺を食べに外に出ます。

今日はダコという無料情報誌で紹介されていた老舗の汁麺屋です。
イージェー2というお店でサートーン通りからソイ8を入って
すぐの所にあります。

人気店らしく、お店の外にパラソルが置いてあってそこまで人が一杯です。
a0238635_9512385.jpg



中に入ると意外と広くてお客さんの数はざっとみて50人以上は居るでしょうか。
これだけの人数のお客さんをたったひとりのお兄さんが手際よくこなしていきます。
相当な時間を待つことを覚悟していたのですが、あっという間に出きあがり
本当にびっくりしました。
a0238635_9514795.jpg




じっくり煮込んだ豚肉と、柔らかいけれども歯ごたえのある麺とちょっと甘めの
スープが調和のとれた味を出しています。これで50バーツ。
日本円で150円以下というところでしょうか。
自分にとってはスープがもう少し薄味のほうがいいような気がするんですが
それは好みの問題ですから。。。
a0238635_952815.jpg



さて、夕方検品が終わり、発送です。
今回も難なく終わり全品合格でした。
製品をティンボックスに入れて検品員の方がテープで封をして、その上からサインを
します。その後茶色い紙で包装してブリンクスという発送業者を待ちます。
ブリンクスはarmored car transportationというのが売りの業者で
日本語に訳すと武装輸送業者というところでしょうか。なにかものものしい
響きです。
a0238635_9523445.jpg



包装の上にあて先を書きます。
a0238635_953635.jpg



ブリンクスが来て、袋に入れてシールをします。
a0238635_9532745.jpg



車の中からしかあかない金庫みたいな荷物室にしまってready to go.
これで拳銃があるのだから鬼に金棒です。
悪いやつらが来てもへっちゃらでしょう。
a0238635_9535135.jpg



さあいよいよ日本に向けて出発です。
a0238635_100661.jpg

ボンボヤージュ!!!
[PR]

by sheenatsilom | 2011-12-14 10:00 | 仕事

panda cheese commercial  中東のチーズのCM

入院中にフランスのお客さんが送ってくれたU-TUBEのビデオの中に
個人的にとても気に入ったのがあったので紹介します。
ヨーロッパでうけているビデオらしいです。

中東のチーズのCMのようですが、最近バイオレントな出来事が多い
中東だからかパンダもバイオレントです。

みんなに愛されるパンダがバイオレントという発想も可笑しいのですが
出演者の動きや演出なんかもよく出来ていてこんなに進んだ文化が
中東にあったとは。。。。。

このCMを見てパンダチーズを買うか買わないかは
人によって違うでしょうがインパクトが強いCMなので
パンダチーズの名前は頭の奥深くにインプットされてしまうでしょう。

自分だったら話の種に一回は買うと思います。
そして美味しかったらずっと買い続けるかもです。
I like it !!!
[PR]

by sheenatsilom | 2011-12-09 22:50 | I like it !

バンコクホスピタルを退院しました。

ブログの更新が遅れてしまいましたがバンコクホスピタルを退院しました。
入院中は毎日が日曜日の平和な生活を送っていたのですが、一旦退院すると
嫌でも現実に直面しなければならず、
たまりにたまっていた日常の雑用や仕事を片付けるのに追われ、
加えて通院にも時間をとられるのでPCの前に座っている時間が無く、
更新ができませんでした。
しかも、利き目のほうに障害が残ってしまったので何をするのにも効率がわるく、
以前より時間がかかってしまいます。
しばらくは小さな時間を見つけてすこしづつブログを書いていこうと思っています。

網脈中心動脈閉塞と診断されたのはタイの灯篭流しのお祭り
ローイクラトンの日でした。
その日の夕方からさっそく治療が始まりました。

遠くのほうのあちこちで花火が打ち上げられる中
病室でひとりでステロイドの点滴を受けていました。

その時左目の視界のほとんどは見えず周囲にかろうじて光が残る程度でした。
右目では見える満月も左目では光も感じる事が出来ない状態でした。

ステロイドの点滴が始まって何時間かたったとき、突然視界の一部に
まるで黒い紙に針で穴をあけたように小さな点の光が差し込んできました。
仮死していた網脈細胞が息を吹き返したような感じでした。
細胞が生き返ったんだ!と思うととても嬉しくなり希望が湧いてきました。

それから日に日に少しずつですが目に光が戻ってきました。
現在は視界の中心は見えませんが周囲は光が戻っています。
ただ、視界の中心の黒い影が見ようとするほうに移動するのでとても気になります。
黒い影も時間とともにちょっとグレーっぽく薄くなってきているので
まだ希望は捨てていません。気長に治していこうと思っています。



長い間過ごした部屋ともお別れです。つらいような楽しいような不思議な
日々でした。つら楽しいとでもいうのでしょうか。。。
それにしてもこんなにのんびり過ごしたのは初めてです。
無理やりのんびりさせられたというか。。。
a0238635_129354.jpg



ドアが閉まり、つらいながらも、楽しくもある、思い出がつまった部屋を後にします。
a0238635_1292018.jpg



お世話になったナースステーション。ブログにはのせていませんがこの後、
お世話になった綺麗な看護婦さん達と記念撮影しました。
a0238635_1294793.jpg



エレベーターに通じるドアが閉まってナースステーションともお別れです。
a0238635_130822.jpg



今日もトリオの人たちが演奏しています。いつも優しい音楽をありがとうございました。
a0238635_1303365.jpg



バンコクホスピタルの正面玄関。車の運転ができないのでタクシーで帰りました。
a0238635_1305676.jpg

今のようにやらなければならない事が山積になっている状態にいると
バンコクホスピタルののんびりしていた時間が懐かしい。
今にして思うと時間がいっぱいあったのでもっと人生のことを考えれば
よかった。。。これからどういう形で仕事を続けていこうとか。。。
[PR]

by sheenatsilom | 2011-12-07 01:31 | informative