Just Another Summer Day in バンコク、翡翠おたくのタイ放浪記


いつの間にかタイに居ついてしまった人間のバンコク放浪記
by ポヨさん
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
ライフログ
検索
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

等々力渓谷探検。

心臓手術後、バンコクに帰る前、何回か通院するだろうし、
心臓が回復する前に飛行機に乗るのはこわいので
2週間ほど吉祥寺にウィークリーマンションを借りた。

井の頭公園のすぐ近くのマンションで
リハビリとして井の頭公園を散歩するのに至極
便利だと考えたからだ。

以前78キロあった体重は現在67−68キロ。
特に手術直後の3日間で4キロ痩せたのにはびっくりした。
手術の侵襲(体の負担のこと)で1日5000キロカロリーは
消費するが、手術直後はそんなに食べられない。
そこですごい勢いで体重が減るわけだ。

ジムに通い8年かかってやっと作った筋肉は
手術後の数日間で全く無くなってしまった。
鏡を見るたびに情けない思いをした。
今も筋肉は戻ってないがまあ見慣れたといえば見慣れたと
いっていいだろうかショックはだいぶ減った。
心臓が正常になったらまたジムで筋肉造りを始めるつもりだ。
いつになるかわからないが。。。

そんな体力だったから退院の日は駅の階段を上るのも
やっとという状態だった。

毎日のように井の頭公園を散歩しているうち少しずつ体力も
戻ってきたのでちょっと遠くに行ってみたくなった。

前回は暇に任せて東京内で普段なら絶対に行かないところに
行ってみたので今回は一番行ってみたいところに
行ってみる事にした。

グーグルアースを見ながら東京のなかで
自分は何処に一番行きたいのだろうかと
考えたときにふと目に止まったのが渓谷という文字だ。

東京の市街地のなかに渓谷があるのかと不思議に思った。
等々力渓谷というところだ。
渓谷というと緑におおわれたV字谷の底に清流が流れている
というイメージがある。
そんなところが本当に東京の市街地にあるのだろうか。

地図を見ると不動の滝という滝もあるようだ。
不動の滝という名前から連想すると修験者が呪文を
唱えながら滝に打たれているといいうイメージだ。
そんなところが東京の住宅街にあるのだろうか。。。

興味津々で、思い立ったら吉日、東急大井町線という電車に
乗って行ってみた。
生まれて初めて乗る路線だ。

等々力駅を降りて看板に従って行くとゴルフ橋という
橋があった。

変わった名前だなと思い家に帰りネットでみてみると
昔この辺がゴルフ場だった頃の名残だそうだ。
a0238635_22524618.jpg


ゴルフ橋の脇の階段を降りてみると
下は一応V字様渓谷。

a0238635_22544623.jpg

足下には清流滔滔と言うわけではないが一応水は流れている。

a0238635_22561146.jpg

渓谷という名前はともかく都会の真ん中で
自然を感じるにはいい場所かもしれない。
a0238635_22575633.jpg


しばらく下流に向かって歩くと不動の滝があった。

a0238635_22579100.jpg


期待していた修験者はいなかった。

滝というには役不足な感が否めないが
昔はもっと水量が多かったのかもしれない。

世界遺産は無理かもしれないが世界最小の滝ということで
ギネス登録はできるかもしれない。

しばし渓谷の中を散策し、それなりの
自然のなかでそれなりの満足感を得る事はできた。

その後、近隣のまだ行った事のない街、
自由が丘に行ってみた。アパレル関係のショップが
多いという印象だった。
配偶者は服を買っていた。

a0238635_2332842.jpg


今にして思うと亀屋万年堂でナボナを買わなかったのが
非常に悔やまれる。

ナボナ。。。いったいどんなお菓子なのだろうか。。。
いつかは食べてみたいものだ。。。
 
[PR]

by sheenatsilom | 2016-03-28 22:17
<< 小学校時代の思い出の地、そして... 柴又 探検。 >>